Backnumber
2019年6月 長友心平

机は片時も離れないパートナーです。

2019年4月 柳原パト

机は未知の世界を作る踏み台です。

2019年2月 松尾たいこ

机は空想の世界を広げてくれる場所。

2018年12月 mari

机は姿勢を正される所です。

2018年10月 古河 博章

机は夢を見る寝床です。

2018年8月

マテウシュ・ウルバノヴィチ

机は手を動かし考えアートする場所。

2018年6月 稲葉朋子

机は新しいことを実験する場所です。

2018年4月 長沢 秀之

机は過去と現在を結び未来を呼ぶ場所。

2018年2月 綱脇節子

机は楽しさを享受させてくれる場所。

2017年12月 コンドウ カヨ

机は家族の一員のようなものです。

2017年10月 斉藤好和

机は絵を描くことが誘発される場所。

2017年8月 中原 亜梨沙

机は時空を旅する乗り物に近いです。

2017年6月 清水 吉治

机とはアイディアが展開する場所。

2017年4月 宇野 信哉

机は自分を発信し外につながる場所です。

2017年2月 武藤きすい

机は自分の世界観の全てです。

2016年12月 師岡 正典

机は好きな風景と一緒にいられる場所。

2016年10月 飯田 祐子

机は自分と否応なしに向き合う場所。

2016年8月 竹永 絵里

机は夢を実現させてくれる場所。

2016年6月 ケッソクヒデキ

良い机は仕事がしやすいもの。

2016年4月 ウミノ カズコ

机は新しいものを広げる場所。

2016年2月 守田篤博

机はものが生まれる場所です。

2015年12月 山口和男

机は自分の心の反映の場。

2015年10月 林 亮太

机は心の枠が外せる遊び場です。

2015年8月 諸星 昭弘

机はグチャグチャの頭の中と一緒。

2015年6月 レニー・メイス

机とは私の遊び場、ラボ、戦場です。

2015年4月 大友義博

机は向こう側の世界の入り口。

2015年2月 日南田淳子

机は宇宙とつながる場所。

2014年12月 伊波よう子

机は見える風景とセットの道具。

2014年10月 内藤英治

机は私のコックピット紙世界へ飛行。

2014年8月 杉原美由樹

世界中どこでも机です。

2014年6月 井上陽子

机は大きい意味で仕事をする場です。

2014年4月 永沢まこと

机は仕上げるためだけの場所です。

2014年2月 北見 隆

机は頭の中への入り口です。

2013年12月 醍醐 芳晴

机は使い古すたびに新たな味が出る。

2013年10月 増田 佳子

机は自分と向き合い素直になれる所。

2013年8月 まつなが あき

机はイメージを引き出しから出す場所。

2013年6月 国井 節

机は熱中できるゲーム機と同じです。

2013年4月 土田 圭介

机は創造世界そのものです。

2013年2月 仁科 幸子

机は創造の聖域かな。

2012年12月 祖敷 大輔

机は自分と世界をつなげる窓口。

2012年10月 佐藤 つえ子

机はモチーフに出会い打ち込める場所。

2012年8月 加藤 休ミ

机は家族で湯豆腐を食べたちゃぶ台。

2012年6月 石川 和男

机はただの道具にしか過ぎません。

2012年4月 星野 哲朗

机はやるぞという意欲がわく場所です。

2012年2月 城戸 真亜子

机はイメージの世界への扉です。

2011年12月 鈴木 真実

机は落ち着いて向き合える場所。

2011年10月 荻荘 聖子

アクリル板が絵を描くための机。

2011年8月 大矢 正和

私にとって机は苦しみの場です。

2011年6月 がなは ようこ

机はこもって仕事をする巣穴です。

2011年4月 高橋和正

私の机は全てをぶつけるイーゼルです。

2011年2月 小林ひろみ

その時その時に描ける場所が机です。

2010年12月 ヒラタ シノ

机は知識と知恵のイメージの溜まり場。

2010年10月 太田 隆司

机はコックピットのようなところです。

2010年8月 漆間 順子

机に座ると普段聞けない音が聞こえる。

2010年6月 真鍋 太郎

机は自分にとっての想像力の海です。

2010年4月 福井良佑

私のすべての道は机に通じています。

2010年2月 門坂 流

机上は精神の磁場。

2009年12月 池田 直樹

私の机は画室に立つイーゼルです。

2009年10月 城芽ハヤト

机は壁や物に囲まれた閉じこもり空間。

2009年8月 松井エイコ

机で私は真っ白になり制作を始める。

2009年6月 松葉口忠雄

机はイメージとヒラメキの宝庫。

2009年4月 早川 靖子

手を伸ばせば何でも取れる、それが机。

2009年2月 つだなおこ

机は画板であり陶酔できる場所です。

2008年12月 磯 良一

私の自作の机は世界観が広がる場所。

2008年10月 小野月世

机は家族の集まるところです。

2008年8月 平体 文枝

床は果てしなく広がる私の机。

2008年6月 船本 清司

描くモードに入る場所が机です。

2008年4月 渋江 喜久夫

愛着のある製図机は安らぎの場。

2008年2月 リン・イフン

机は頭にあるものを手で移す場所。

2007年12月 谷口 周郎

最も集中できる自作の机。

2007年10月 川崎 文雄

机は素材を実験する空間です。

2007年8月 原 マスミ

僕の机はうじゃうじゃ、恥部です。

2007年6月 北 久美子

絵を描かずに別のことをするのが机。

2007年4月 斎藤雅緒

最も落ち着く場所が机です。

2007年2月 森川幸人

机は向こうの世界とリンクされた窓。

2006年12月 わたなべ さとこ

机は家族の何でもする場所だった。

2006年10月 木村タカヒロ

床やベンチなど「どこでも机」です。

2006年8月 本多厚二

机はじっくり見れる自分だけの舞台。

2006年6月 やなせたかし

机?机は机です。

2006年4月 石川道子

机は家族が集まり楽しむ場所です。

2006年2月 高橋信雅

両側はガラクタの山。僕の机は宝箱。

2005年12月 青木美和

机は実験器具が並ぶ理科室みたい。

     
     
     
     
     
     
     
    <戻る