backnumber  
 
 
大阪府生まれ。京都精華大学テキスタイル専攻卒。企業勤務しながらイラストレーターに。SUPER ILLUSTRATION SCHOOL卒。2016年ウミノウタ2展等出展。
これまで取材したプロ

机は新しいものを広げる場所。

日本ではスクラッチで制作をしているプロはそれほど多くありません。特にクレパスを使ってのスクラッチはヨーロッパが主流となっています。ウミノカズコさんは日本では珍しいスクラッチ作家です。引っ越しを控えた慌ただしい時でしたが、楽しく取材させていただきました。

・お子さんの頃は?
ウミノ「私は生まれも育ちも大阪です。その大阪で子供の頃遊びながら成長しました。外で遊び、家にいるときは紙とペンを持って描きまくっていました。叔父がほめてくれるので熱中できたのだと思います」
・いつごろから美術を意識した?
ウミノ「小学校、中学校では美術だけは成績が良く、美術は好きでした。といって初めから美術系の進路は考えになく、進路を決める段階でようやく美術の道を決めました。準備不足から一浪して美大へ行きました」
・専攻はイラスト?
ウミノ「いえ、先輩の勧めもあって染色(テキスタイル学部)に進みました。絵を描くのも好きですが物を作るのも好きでした。しかし、テキスタイルの仕事の大変さを実感し、正直なところ就職はその道を避けようかと思いました」
・就職は?
ウミノ「福岡のチョコメーカーの商品開発部で印刷外注の仕事に就きました。直接デザインできないもどかしさを感じデザイナーへの思いが強まりました。東京に転勤してデザイナーへの道を模索。デザイナーになってから、絵を描くことに専念するためイラストレーターになりました」
・画材は何を?
ウミノ「皆さんがあまり使っていないものを探しました。それと横着なので水とかを使わない画材ですね。行き着いたのがクレパスでした」
・そこでスクラッチに?
ウミノ「はい、幼稚園の頃にやっていた記憶がありました。最初に地塗りする色を塗り付けるのですが、結構力仕事です。地塗りの色を覚えておいて、上に塗った色をスクラッチしていきます。色が現われてくる時がいいですね」
・基底材は?
ウミノ「私は基底材にはあまりこだわりません。硬くてしっかりしていればどんなものでも使います。スクラッチの道具は竹串や綿棒、楊枝。定着剤を吹きつけて仕上げます」
・モチーフはどんなものを?
ウミノ「植物と風景が多いですね。花とかをよく描きます。人物を入れると画面が生き生きとしてくるので小さく入れます。イラストでは人物は欠かせないモチーフです」
・どんな仕事が多いのですか?
ウミノ「雑誌の挿絵、DVDのジャケット、リーフレットなどです」
・これからの夢を。
ウミノ「ドイツなどでは好評なので、海外での展開を多くしたいですね。それとポスターとか大きいサイズのものにチャレンジしたいです」
・ありがとうございました。

 

*編集部より*
ウミノカズコさんのサイトがあります。ご覧ください。
http://umipyon2.wix.com/uminokazuko

「自分なりの表現ができればいいと思って、クレパスを選びました。緻密な写実ではなく自分の中の形を表現しています」

「himawari」
「polabear」
 
「雨ふり」