backnumber  
 
 
栃木県生まれ。東京都在住。大塚テキスタイルデザイン卒業。染織工房アシスタントを経てフリーに。日本オブジェ展、オブジェTOKYO 展等で受賞。人形作家、立体イラストレーターとして活躍中。
これまで取材したプロ

机は見える風景とセットの道具。

粘土による人形作家は多いのですが、立体イラスト作家は少ないようです。平面の作品とはまた違ったインパクトを受けます。独特の表現で作品を作り続けている伊波よう子さんは、粘土を感じさせない立体イラストレーターでした。伊波さんの人生そのものが立体イラストのように味わいがありました。

・幼少の頃は?
伊波「栃木で育ったのですが、活発でもなく大人しくもなく普通の子供でした。どちらかといえば明朗な方でしたね」
・小学校の頃は?
伊波「特に絵を意識していたことはなかったです。でも工作が好きでした。父が透視図で工場を描いてくれたことがあって、立体的に見えることに感動した記憶があります。母が編み物をしていて作ることの楽しさを感じていた気がします」
・中学校では?
伊波「運動が苦手で、美術クラブに所属しました。ポスター展で入賞したりしたのですがまだ美術への道は考えていませんでした」
・では、高校の時に美術を?
伊波「体調を崩し、1年半入院していたとき病室でできることが絵を描くことでした。何とか卒業できて、進路の選択肢が狭い中、染色や織りをしている学校に入学しました」
・イラストレーターへの道は?
伊波「学校を卒業し染織工房に勤めながら、立体作品を制作していました。結婚を機にフリーになり立体作品で受賞するようになって、仕事が増えていきました。立体物はショーウィンドーの装飾にも採用され、ディスプレイの仕事に広がりました。この辺から、作ることに専念できるようになりました」
・雑誌などの仕事は?
伊波「『週刊金曜日』のアートディレクターからの仕事を受けたりしていくうちにイラストとしての仕事にシフトしてきました。『月刊現代』では表紙に似顔人形を制作しました。広告や書籍の仕事もしています」
・粘土を使い始めたのは?
伊波「最初、糸とファブリックと金属で作品を制作していましたが、金属を埋め込むということから、粘土を使い始めました。粘土は硬めのものを使っています」
・注意していることは?
伊波「立体なので、どこから見ても大丈夫なように細部まできちんと作るよう心がけています。それと印刷物になる時は、最後に撮影することを考えて、販売する作品とは仕上げ方を変えています。カッター一本あれば8割方できてしまいます。最後は着彩ですが、アクリル絵具、パステル、墨、ほか作品のイメージにあったものを使うようにしています」
・これからのことを。
伊波「基本に帰るといいますか、人形づくりをちゃんと勉強したいですね。期待されている以上のものを作り『オー』と言ってもらいたいです
・ありがとうございました。

 

*編集部より*
伊波よう子さんのサイトがあります。ご覧ください。
https://www.rommom.com/IHA-YOKO/index.html


「仕事が自分を成長させてくれました。主人もイラストレーターをしていますがいい刺激になっています。粘土が好きです。特に乾燥後に見せる白さがなんともいえません」 
「青い鳥」
 
「ネルネンコ」