backnumber  
 
 
東京都生まれ。日本絵本専門学院卒業。出版社勤務後、イラストレーターに。毎年「絵語り絵の世界」個展を開催。絵本や紙芝居で活躍。
これまで取材したプロ

その時その時に描ける場所が机です。

自由にのびのびと描けるのがオイルパステル(クレパス)です。ところがあまりにも自由に描ける画材は逆に難しさもあります。細部が描きづらかったり、カスが出たりと、それなりに苦労するものです。そこを美しく仕上げるのがプロ。小林ひろみさんはこの道を極められた方です。作業を見せていただき、随所に工夫がなされていることに驚きました。使いこなしてこそできる表現とお人柄に、いたく感動して取材を終えました。

・子ども時代のことから。
小林「おとなしい子でした。ノートの端っこに絵を描いているような子です。友達からの絵がうまいねーという声に励まされて過ごしていました。とにかく外で遊ぶより絵を描いている方が好きでした」
・どんなものを描いていた?
小林「当時、アニメが大好きでディズニーのバンビとか鉄腕アトムとか好んで描いていましたね。小学校の図工の先生からデッサンをほめられると、さらに意欲を燃やしたりしました」
・いつごろから絵の道を意識した?
小林「絵に対しての興味はずっとありましたが、中学の時に油絵を初めて描きました。水彩のように薄く塗ってほめられ、自分に合っているなあと思っていました。高校の時にどうせなら絵を描く道を選ぼうと、受験準備をしました」
・どんな仕事に就いた?
小林「結局、美大受験はしなかったのですが、絵本に目覚め、絵本の専門学校に通い、伝えることの重要性を学びました。その関係で出版社に就職し、カットや挿絵の仕事をしました。イラストとは別に絵を描いて展示会をしたのですが、この時絵が初めて売れました。画家とイラストレーターという二足のわらじをはくことをこの時決めました」
・画材のことを。
小林「児童書などが中心でしたので主にペン画でした。カラーインクやアクリルなどもよく使いました。色鉛筆を使っていたのですが発色が弱く、もう少し強い発色ができるものを探していました。外国の絵本を見ていて、オイルパステルを知り、使い始めました」
・どこが気に入っている?
小林「塗って、引っかくというのが版画ぽくて良かったことと、色が直接塗り重ねられ、その発色が即感じられるところですね。私はケント紙に水彩で地塗りをしてから着彩していますが、これにスクラッチなどをすると細密もできます。リスの毛並みとかも表現できるのですよ」
カスが出たり大変では
小林「カスは針の先で除いたり、ティッシュで拭き取ったりします。特にカモメの羽根で掃いたりして掃除します」
・これからの夢は?
小林「今の仕事をいつまでも続けることと、海外のコンクールへの出品ですね」
・ありがとうございました。

 

*編集部より*
小林ひろみさんのHPがあります。ご覧ください。
http://kokoppi.jimdo.com/

「心が温まる光を感じさせる絵が描きたいです。油成分があるので、間を置いてそれを飛ばしながら色を重ねていきます」

「みんなのあかちゃん」
「ともしび」