backnumber
 
鉛筆陰影調理法
 
濃淡しか出せない鉛筆の世界でも、
色と深みを感じさせることができる。

陰影の練習

奥行きのある表現

重なりを表現する陰影

 

浮遊物の陰影

   
 
 

各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。


*使用用紙はBBケント

ハッチによる陰影の練習

 

滑らかな陰影の練習

1.グレースケールの練習 奥行きや立体感を表現するには、陰影を的確に入れる。そのためには、濃さの段階を滑らかに出せるように練習する。使用している鉛筆は2B。

 

 

2.下描き 濃淡でしか表現することができない鉛筆画では、輪郭をしっかりとることが重要になってくる。そのためには、下描きの段階できちんとしておくことが大切である。

3.影を描き込む ここでは、粗いハッチを使用して陰影を描き込む。線はできるだけ、平行に入れていく。入れ方は粗いが方向を整えると面が均一化する。

4.仕上がり 陰影の幅が広ければ、それだけ滑らかな立体感を表現することができる。粗いハッチだが、ていねいに描き込むことで、素材が持つ滑らかさが感じられる。

ヴァンゴッホ スケッチ鉛筆
スペシャル15本セット
2,835円