※第28期エントリー作品  
※第27期エントリー作品  
※第26期エントリー作品  
※第25期エントリー作品  
※募集要項を見る  
2017.10.

Nesugata が

水田みどり(岡山県・岡山市)
マーメイド、色鉛筆

寝姿がかわいくて描きました。猫の日常を見ていると手の動きがユニークです。動きを想像できるよう、両端の手は描いていません。毛の柔らかさや違いを表現するのが難しかったです。シンプルに生きる表情が魅力で動物を描くのが好きです。
*エントリー理由:色鉛筆の特徴を生かしリアルな表現を実現しています。毛並みの軟らかさや目鼻口の表現が抜群です。表情の描写も個性を重視し見る人の心を動かします。

弾(はずむ)

江藤和代(熊本県・熊本市)
キャンバスボード、ジェッソ、油絵具、クレヨン、金粉

海の中の魚、例えばアジ、イワシ、アナゴなどのイメージです。イキイキと弾んで光り泳いでいる様子です。様々な画材を重ねて、完成するまで自身でも分からない効果をワクワク感で楽しんでいます。
*エントリー理由:メディアミックスによる独特な表現になっています。ジェッソを盛り上げ材として使い銀色の魚の周囲を固めているのも工夫の結果だと評価できます。

Angel Messages

オゾイニイアマ みどり(大阪府・大阪市)
キャンバスペーパー、水彩色鉛筆、
水彩絵具、油性ペン

天国にいってしまった愛猫が天国の世界でも楽しく過ごしている様子です。虹の色でカラフルに、ステンドグラスのようなイメージにしました。直感にまかせて描いています。自分が思う色を出すことに苦労しました。
*エントリー理由:猫の躍動する姿を生き生きと描いています。モデルになっている猫に対する想いが伝わってきます。輪郭を強くし、全体的に落ち着いた配色が効果を高めています。

2017.8.

晩秋の沢

竹之内克己(兵庫県・尼崎市)
ボード、アクリルガッシュ、色鉛筆

趣味のサイクリングで出かけたときに立ち寄った沢です。写真に撮ってきて描きました。コツコツ描くのが好きで自然を感じるままに楽しんで描いています。水の透明感を壊さないように全体的に明るめに描きました。
*エントリー理由:川原の石の間を水が流れる様子が見事に描かれています。このアングルで描くこと自体新鮮です。ていねいな描き込みと配色のうまさが際立っています。

しあわせの予感

宮島ひでこ(静岡県・浜松市)
キャンバス、油絵具

出身地の屋久島の自然の風景から湧いてきたイメージを描いています。鳥は幸せを運んできている様子です。エネルギーと平和、綺麗な心をイメージしています。最近は油絵を好んで描いています。
*エントリー理由:明るくさわやかな風を感じる作品です。ベージュと赤の使い方が効果的です。構図が帆と船着場のラインが斜めになっており動きを強く感じます。人を笑顔にする表現です。

2017.6.

オイライキテル

浜中 徹(京都府・宇治市)
ケント紙、鉛筆、ボールペン、色鉛筆

テレビで見た、りんご畑の森でフクロウが猟りをする様子が印象的で描きました。生きるのに一生懸命でいて、漂う純真無垢さに惹かれました。美しい輪郭線を引きたくて、コンパス、楕円定規、定規を使って描いています。
*エントリー理由:モノトーンの表現ですが色味を感じる作品です。コンパスと定規を使いながら優しく朗らかな雰囲気に仕上げています。熟練の技を見せています。

ヨット

大熊久美子(東京都・多摩市)
色紙、色鉛筆、マーカー

旅行の本からイメージして、楽しいイメージになる様に制作しました。色紙の色のキレイさを生かせるよう、シンプルにすることを意識しています。今後は色紙と油絵を併用する作品にも挑戦したいです。
*エントリー理由:明るくさわやかな風を感じる作品です。ベージュと赤の使い方が効果的です。構図が帆と船着場のラインが斜めになっており動きを強く感じます。人を笑顔にする表現です。

富士山

小野薫る(山梨県・笛吹市)
キャンバスボード、アクリル絵具

山の夕焼けの風景です。印象に強く残った、景色の美しい所だけ描きました。大地のエネルギー、天のエネルギーとキレイな自然を合わせた感じです。美しい自然を感じていただけたらと思います。
*エントリー理由:エアブラシによる着彩が滑らかで美しい発色を見せています。小型の作品ですが、スケール大きさが感じられます。ラメがきらめきを与え効果的です。

2017.4.

365日の朝

山口義夫(東京都・板橋区)
水彩紙、透明水彩絵具

いつも通る散歩道です。馴染みがあり思入れがある道を描きました。直線をだすのに苦労しました。陰影の付け方と早朝の陽射しの清々しさを表現するのが苦労しました。日々楽しく描いています。
*エントリー理由:透明水彩の特徴を生かし軽快な着彩で仕上げています。さりげないアングルですが、歩いている人の視点で、前進していくような効果を出しています。下の日なたが生きています。

私の狐面とアフリカたち

武田和子(千葉県・君津市)
画用紙、オイルパステル、アクリル絵具

アフリカのお面に興味があって、洋書で見たものにオリジナルをいれて描いています。真ん中の女性を花嫁さんのように惹きたてています。下地に紅茶を使い、何度も色を重ねています。細かく描くことに挑戦した絵です。楽しんで描けました。
*エントリー理由:題材としたアフリカの面のイメージを基調にした独特の世界を描いています。中央に配置した女性のモダンな雰囲気とマッチするように配色が考慮されています。

高千穂峡谷

竹内秀夫(宮崎県・高千穂町)
色紙、ジェッソ、油絵具

観光客も多く訪れる高千穂峡谷です。3つある橋の一番上から見下ろした景色を描きました。夕日が射したときの橋のアーチが品良く綺麗です。上から見た深さをだすのに苦労しました。じっくりゆっくり描ける油絵が好きです。
*エントリー理由:風景を見つめる姿勢に揺るぎがありません。空間の広がりと奧深さが、陰影によってダイナミックに描かれています。色調の美しさにも惹かれます。

2017.2.

銀世界!白い長池公園の冬

大熊あつ子(東京都・多摩市)
キャンバス、油絵具

近くの公園の冬の風景です。移築してきた古い建物とレンガの橋とが見えてお気に入りな場所です。雪の白い世界を描くことと、冬の空気感を表現することを意識しました。橋を描くのに苦労しました。
*エントリー理由:エントリー理由:橋のある風景を視点をずらさずにしっかり描き込んでいます。冷たい空気とどんよりとした冬の空の表現が見事です。静かな世界に一羽だけ鳥を入れ寂寞感を強めています。

滝の音(ね)

永富和広(大阪府・寝屋川市)
キャンソン紙、パステル、パステル鉛筆

夏に箕面の滝へ出かけたときに涼しげな、和むような様に癒され、その思いを絵にしました。滝の音が流れてくる様な、ゆらゆらとした流れを表現するのが難しかったです。パステル画の魅力にはまり、独学で学びながら描いています。
*エントリー理由:小サイズながら奥行のある作品です。滝と手前の段差のある流れによってリズムが感じられ、水や葉の配色も優れています。大きいサイズだったらさらに迫力があったと思います。

2016.12.

鳥たちの賛歌

青木喜美(京都府・京都市)
水彩紙、ガッシュ、透明水彩

空想の風景です。鳥の可愛らしさ、楽しい会話の話し声が聞こえる様な表情を描くのが楽しかったです。色数が多くて統一させるのが難しかったです。絵を見た人がホッと明るい気持ちになってもらえたら嬉しいです。
*エントリー理由:ガッシュ(不透明)と水彩(透明)の特徴を生かしながら制作しています。着彩も筆以外のものを使うなど表現のユニークさが際立っています。配色も夢を感じさせる作品です。

聖武天皇祭

山下雅弘(北海道・千歳市)
水彩紙、水彩絵具

現地で撮った写真を見ながら、東大寺南大門の古色蒼然とした雰囲気と傘の朱の色の対比をテーマに描いてみました。歴史の重みを出すのに苦労しました。いつも水彩画を描いています。
*エントリー理由:構図がしっかりしており見る人に信頼感を与えています。奥行もありそれが迫力を生み出しています。手前の赤い番傘がアクセントとなりリズムを感じさせる秀逸な作品です。

二十歳の肖像

嘉ノ海邦子(兵庫県・姫路市)
イラストボード、水彩絵具

母の若い頃の写真を見て描きました。大正生まれの母の若い頃は、大人な落ち着いた雰囲気がして魅力的に思いました。将来を見据える決意の様なものが顔の表情にでるよう描きました。モノクロでの表現が難しかったです。
*エントリー理由:モノトーン調で独特の世界観を感じさせる作品です。水彩絵具を滑らかな塗り方でグラデーションを作り、人物の立体感を作り出しています。

     
 
 

【作品募集要項】

 

TCグランプリ・ENTRYは、ターレンス会員のためのホームページコンペです。2ヵ月に1度、2〜3名をエントリーし、12月にグランプリを決定します。
1. ジャンル : 絵画/イラスト部門  (原則として手描き作品)
2.サイズ : ハガキサイズ以上、B3かF10号以内。
3. 締切:随時募集
4. 送付先:ターレンスクラブ大阪事務局「TCグランプリ」係
5. 賞品:エントリー作品には、1万円相当の画材、グランプリには10万円相当の画材
6. 返却:返却希望の場合、「返却希望」と明記のこと。返却用に切手を貼った封筒を添付するか、着払いにて返却。返却を希望しない場合には「返却不要」と明記のこと。明記のない場合は返却不要といたします。返却は12月の審査会終了後になります。
7. 版権:入選作の版権はターレンスクラブに所属。入選者には通知します。
8.資格:TCメンバー
9. 注意:作品の裏に 、氏名 、 〒/住所/TEL 、 年齢 、 学校名、職業 、 題名 、 使用画材 、 会員番号 、以上を明記し折らずに送付。不明な点は事務局まで。

【送付先/事務局】
(株)ターレンスジャパン大阪
ターレンスクラブ/(株)ターレンスジャパン内
〒540ー8508
大阪市中央区森ノ宮中央1ー6ー20
Tel.(06)6910ー8812
Fax.(06)6910−8832